南海電車まつり2019へ行ってきました(2019年11月9日)

南海電鉄千代田工場で行われた「南海電車まつり2019」に家族で行ってきました。

南海電車まつりの参加は21000系の新旧塗装が展示された1997年以来。実に22年ぶりの訪問となります。

 

今回は河内長野駅からシャトルバスで向かいましたが、河内長野駅前のバス乗り場は長蛇の列。

イベントの盛況ぶりがうかがえます。

まずは車両展示から。

マルチプルタイタンパー(マルタイ)や保線車両の展示・実演もありました。

やはり原色は子供の目を引くようですね。じーっと眺めていました。

9000系『マイトレイン』は今年の千代田工場直通の臨時列車に充当されました。

その横には・・・

高野線待望の新車、8300系です。

新車投入は歓迎されるところですが、6000系の引退も始まっていますので複雑な心境ですね。

なんとも珍しい「準急行御幸辻」の表示。

工場の庫内へ移動するとアントに繋がれた2000系や、検査中、更新工事中であろう7100系と9000系がいました。

クレーンの吊り下げ実演は大人気なようで沢山の人が見学をしていました。

「区急高野山極楽橋」と、廃止になって久しい「水軒」表示の幕。

南海バスブースでは実車の展示が行われていました。

今回は鉄道イベントですのでバスグッズ購入は見送ります。

販売ブースも大盛況で、南海グッズのブースはかなりの行列が出来ていました。

今回は南海電鉄のブースでラピートのワッペンと靴下2種、総合車両製作所のブースで6000系のキーホルダー(新旧2種)を購入しました。

Close
error: Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。